切れ痔

裂肛(切れ痔)

肛門の縁にある皮膚が切れたり避けたりしている状態です。急性と慢性のものがあります。

裂肛(切れ痔)のメカニズム

切れ痔便秘などによる硬く太い便、下痢を繰り返す、血行障害などによって起こります。

急性裂肛

肛門上皮が浅く切れている状態です。排便時の痛み、ペーパーに血が付着する、シャワートイレで洗浄する際にしみるなどで気付くケースが多くなっています。痛みが長引くことはほとんどなく、数分でおさまります。

慢性裂肛

急性裂孔で同じ場所が何度も切れることで傷が深くなり、潰瘍を起こしている状態です。炎症が長期化すると肛門の筋肉が繊維化して硬くなり、肛門狭窄や痔ろうにつながる可能性があります。肛門狭窄を起こした場合、ますます便によって切れ痔が起こりやすくなる悪循環に陥りやすいため注意が必要です。
他に慢性裂肛では、肛門周辺に皮膚がたるんだ皮垂ができる場合があり、一般的にこの皮垂は見張りイボと呼ばれます。また、肛門内部に肛門ポリープを形成する場合もあります。このポリープが大きくなって肛門の外に出てくることがあり、内痔核だと思って受診されるケースもあります。

裂肛(切れ痔)の症状と治療

裂肛(切れ痔)の症状と治療急性裂孔の場合、軟膏や坐薬、生活指導などの保存的療法で治療を行います。比較的治りやすいのですが、食生活や生活習慣などを改善することで再発を防止することも重要です。
慢性裂肛の場合には、症状や状態によって薬物療法などの保存的治療法では治すことができないケースが多くなります。狭窄を起こしている場合には肛門を広げる処置が必要ですし、切れやすくなっている部分の手術が必要なケースもあります。また、肛門ポリープや痔ろうが起きている場合にはその治療も必要になります。
※手術が必要な場合は提携病院に紹介させていただきます。