慢性胃炎(萎縮性胃炎)の原因と治し方

慢性胃炎(萎縮性胃炎)について

胃炎の原因は、ストレス、食習慣、ピロリ菌によるものなど様々あり、いくつかの要因が重なって引き起こされる場合もあります。これらにきっかけによって胃の内部が繰り返し傷つき、胃に炎症が起きるのが慢性胃炎です。治療せずにいると、ポリープや潰瘍、胃がんを引き起こすこともあり侮れない疾患です。吐き気、胸やけ、胃もたれなど胃炎の症状を自覚していたら、医療機関にかかって治療を受けましょう。

胃を破壊するピロリ菌

「ヘリコバクター・ピロリ菌」は、胃に生息することができる細菌です。消化の働きを担う胃の内部は、酸性なので細菌が生息することはないと考えられていましたが、このピロリ菌は、「ウレアーゼ」という酵素を作り出しています。この酵素には、尿素を「アンモニア」(アルカリ性)と「二酸化炭素」に分解する働きがあります。胃酸(酸性)とアンモニア(アルカリ性)によりピロリ菌は環境を中和させることができるために、胃にも生息できるのです。

ピロリ菌は、胃粘膜に全体に感染が広がると慢性胃炎を引き起こします。胃炎が続くだけでなく、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、ポリープなどにも進行してしまう危険性があります。また、胃がんを発症させる原因にもなると言われています。

ピロリ菌の感染ルートについては諸説ありますが、経口感染が多いと言われています。ただ、成人の場合は感染率が低いことから、幼少期に感染しやすいと考えられており、上下水道の未設備、不衛生な環境が影響しているとの報告もあります。

萎縮性胃炎や胃潰瘍などの原因に

ピロリ菌は、胃粘膜を傷つけ炎症を起こしますが、炎症が長期化して胃酸が出にくくなると慢性胃炎と呼ばれる萎縮性胃炎を引き起こします。症状としては、空腹時の胸やけや食後の胃もたれ、吐き気などがあります。内視鏡検査などで発見できますが、この萎縮性胃炎になると胃がんになるリスクが高まります。また、ピロリ菌は胃粘膜、胃壁を損傷させることから、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を発症してしまう恐れもあります。

ピロリ菌以外が理由の場合も

胃を傷めるのはピロリ菌だけではありません。非ステロイド性の消炎鎮痛剤、ステロイド薬なども胃炎を起こすことがあります。胃炎を繰り返すと慢性胃炎になることもあります。飲んでいるお薬が原因で胃炎を起こしているのか心配な場合は、かかりつけ医に相談して見ると良いでしょう。

ストレスや食習慣によるもの

また、職場や仕事のストレスなども原因となり得ます。精神的な不安定だけでなく自律神経の乱れの原因ともなり、胃腸の働きも乱してしまいます。胃酸の分泌過多は逆流性食道炎を引き起こしたり、胃酸によって胃の粘膜を傷つけたりしてしまうこともあり、神経性胃炎を発症させます。

そのほか、食習慣も胃腸に影響を及ぼします。唐辛子など香辛料をふんだんに使った料理の食べすぎやアルコールの摂りすぎなどは急性胃炎を引き起こします。食事時間が不規則だったり、食事内容が偏っていたりすると、胃腸にも悪影響を及ぼしますし、タバコなども胃粘膜を傷つけ、胃炎のきっかけになると言われています。 生活習慣や食習慣が知らないうちに胃を弱らせている可能性もありますので、胃の不調を感じたら、日々の習慣を見直してみるのも良いでしょう。

胃炎の診断方法と治療について

食べすぎや飲みすぎなどによる急性胃炎の場合は、問診で食事内容や摂取量などを聞き取ります。必要に応じて内視鏡検査を行い、胃の粘膜に起きている炎症の状態を腫れや発赤の状態で確認します。

慢性胃炎の場合は、内視鏡検査が必須となります。特に自覚症状が出てからある程度の時間が経過していて、進行していることが予測される場合、萎縮性胃炎などにかかっていることがあります。萎縮が進行すると、胃壁が傷つき胃壁は薄くなります。その結果、出血を伴うこともあります。治療せずにいるとさらに進行し、胃がんを発症してしまう恐れもあります。原因がわかれば治療することもできますし、傷んだ胃壁などもきちんと治療すれば修復され、胃炎がおさまることがほとんどです。慢性胃炎かなと思ったら、胃腸科や消化器内科を受診し、適切な治療を受けましょう。

胃炎の治療方法についてはピロリ菌の除菌治療を行います。除菌治療は内服薬の服用のみで行います。胃酸の分泌を抑制させる薬と抗菌薬を7日間飲んで、4〜6週間以上の期間をあけて除菌ができているか検査を行います。もし、除菌できなかった場合は、さらに7日間服薬をします。薬を飲み忘れたりすると効果が望めないのでそのようなことがないように決められた通りに内服しましょう。ピロリ菌が原因でない慢性胃炎も胃酸分泌の抑制と抗菌薬の薬物治療は有効です。

胃に違和感のある人は受診を

ストレスや食事などからくる胃の不快感は一時的なものかもしれませんが、放っておくと胃の炎症を悪化させかねません。不定期に胃の不快感があったり、胃の痛み、むかつきや胃もたれ、食欲不振などに思い当たる節があったりする場合は、医療機関を受診し、検査・治療を受けましょう。