大腸カメラ(大腸内視鏡)

大腸カメラ(大腸内視鏡検査・下部消化管内視鏡検査)

大腸内視鏡検査(下部消化管内視鏡検査)内視鏡を肛門から挿入し、大腸の一番奥にある盲腸から一番手前の直腸までの粘膜を直接観察する検査です。病変が発見された場合にはその場で組織採取ができますし、ポリープの切除も可能です。

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)でわかる病気

直接観察でき、組織採取して病理検査も可能なので、早期の大腸がん、大腸がんの前がん病変であるポリープ、腸炎などの確定診断に有効です。同時にポリープの切除もできますので、大腸がん予防にもつながります。

増加し続けている大腸がん

日本人のがんによる死亡率では、大腸がんは現在第3位であり、女性だけに限れば第1位になっています。さらに2020年には発症率や死亡率で男女とも第1位になるとみられています。発症には加齢や食生活、飲酒、喫煙、そして運動などを含む生活習慣が関わっているとされています。
実は、早期の大腸がんを発見して適切な治療を受ければ、完治することができる病気ですし、前がん病変であるポリープの段階で切除しておけば大腸がん予防にもつながります。ただし、早期の大腸がんは便潜血検査で陽性になりませんし、自覚症状もないため早期発見には大腸内視鏡検査が不可欠です。

大腸がん発見のための内視鏡検査を受けるベストタイミング

大腸がん発症のピークは60歳代ですが、40歳を超えるころから増加傾向を示し始めます。そのため、40歳になったら一度、大腸内視鏡検査を受けることが重要になってきます。

大腸がんリスクが高くなる要因

大腸がんリスクが高くなる要因

  • 大腸にポリープ切除したことがある方
  • 血縁者に大腸がんになった人がいる
  • 潰瘍性大腸炎やクローン病である
  • 喫煙
  • その他のがんの既往症がある

こうしたリスクがある場合には、特に定期的な内視鏡検査が有効です。
当院では楽に受けられる大腸内視鏡検査を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

こんな症状がある場合には大腸カメラをおすすめします

  • お腹が痛い
  • お腹にしこりがある
  • お腹が張ることが多い
  • 急に体重が減少した
  • 便に血や粘液が混じる
  • 下痢や便秘になりやすくなった
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 便が細くなった
  • 排便回数が増えた
  • 残便感がありすっきりしない

大腸がんの形

大腸がんには、大腸粘膜から発生するものと、粘膜が隆起したポリープから発生するものがあります。大腸粘膜から直接がんが発生する場合は隆起せず、平らな平坦型、くぼむ陥凹型になり、ほとんどの病変は5mm前後ですが、小さくても進行がんになりやすいとされています。
できたばかりのポリープは良性であり、ほとんどはそのままの状態を保ちますが、一部ががん化する可能性があり、大きなポリープほどがん化する確率が高いことがわかっています。そのため、ポリープが大きくならないうちに切除することで大腸がんを予防することが可能です。
大腸がんの場合、早期がんであれば内視鏡による切除が可能です。早期がんは、粘膜層や粘膜下層にがんがとどまっている段階であり、筋層に達していないため、がんの転移はほとんどありません。
進行がんは、がんが筋層にまで侵入している状態です。リンパ層へ転移する可能性が高く、治療には入院による外科手術などが必要になります。

大腸がん予防のために

大腸ポリープははじめ良性ですが、将来的にがん化する可能性があるため、切除することは大腸がん予防につながります。定期的に内視鏡検査を受けることで、ポリープを発見し、大腸がん予防につなげましょう。

  • 定期的な大腸内視鏡検査
  • 糖尿病予防
  • 食物繊維の多い食事
  • 肉中心のメニューを避ける
  • 飲酒は控えめに
  • 禁煙
  • 肥満防止
  • 適度な運動の習慣化
  • 日光、特に朝日をしっかり浴びる
  • ビタミンB6の摂取
    ビタミンB6は赤身の魚、ナッツ、レバーなどに多く含まれています。

楽に受けられる当院の大腸カメラ

楽に受けられる当院の大腸内視鏡検査最新の内視鏡システムを導入しているため、短時間で精度の高い検査が可能であり、スコープが柔らかくしなやかですから苦しくない検査を実現しています。また、経験豊富な内視鏡専門医が検査を行うため、安心してお任せいただけます。
鎮静剤を使う必要がないほど楽に受けられますが、不安が大きい方には鎮静剤を使用した検査も行っています。
鎮静剤を使わない検査の場合には、検査後説明を受けたらすぐに帰宅することも可能です。

お腹の張りを大きく軽減する炭酸ガス使用

大腸内視鏡検査では腸にシワなどがあると観察できない部分ができてしまうため、気体で膨らませて観察します。空気を入れる方法が主流でしたが、これではお腹の張りが長く残り、膨満感や不意に漏れるガスなどの問題があります。当院では炭酸ガスを使って腸を膨らませる方法を導入しています。炭酸ガスはすみやかに吸収され、呼気で自然に排出されます。空気に比べて200倍もの生体吸収性があるため、検査中にも吸収が進み、検査後にはほとんどお腹の張りを感じることがなくなっています。

大腸カメラを受ける際の注意点

大腸内視鏡検査を受ける際の注意点内視鏡で大腸の粘膜をすみずみまで観察する検査ですから、大腸の中を空っぽにする必要があります。そのため、検査の前に約2リットルの洗腸下剤をご自宅で服用し、ほぼ透明なものしかでなくなってから検査を行います。
前日の食事にも制限がありますので、スケジュールを決める際にはその点も考慮する必要があります。
なお、大腸内視鏡検査では、大腸の動きを抑制する注射を行うため、鎮静剤を使わない検査を行った場合もご帰宅痔にご自分で運転することはできません。ご来院の際には、公共交通機関をお使いください。

検査前日の食事とお薬

朝食と昼食は消化の良いものをとり、夕食は具のないうどんやおかゆを軽く食べます。夕食は夜9時までに済ませてください。そ以降は検査直前まで水分を、たっぷり摂取してください。水分を多く摂取するとそれだけ腸の内部はきれいになりますし、脱水症状の予防にも役立ちます。なお、前日の水分は透明で糖分を含んでいない水、お茶、ウーロン茶、紅茶、コーヒー、スポーツドリンクを摂取してください。それ以外の飲み物は飲まないでください。特に牛乳やアルコールは厳禁です。

 

避けるべき食べ物

海藻類、ひじき、きのこ類、果物、こんにゃくなど消化の悪いもの
こうしたものをとると検査時、腸に便が残ってしまい、観察できない部分ができてしまいます。

大腸カメラの流れ

  1. 検査前日:夕食を早めにとり、夜9時以降は食べないでください。水分は摂取可能です。
  2. 検査当日:飲食をなさらずに、ご自宅で下剤を飲んだ状態で、なるべく簡素な服装でおいで下さい。また女性の方は、化粧はなさらずにお願いします。
    腸の中がきれいになったら大腸内視鏡検査を行います。検査時間は20分程度が目安です。
    検査中にポリープがみつかり、その切除を行う場合にはそこからさらに10~20分かかります。

    ・血圧・心臓の薬を継続的にお飲みの方は、朝7時までに少しの水でお飲みください。
    ・血糖降下薬は飲まないでください。インシュリン治療中の方は内科医師に確認が必要です。
    ・さらに当院だけにかかわらず、他院でのお薬の処方をうけている方はお薬手帳をお持ちください。
    ご自分でのお車を運転しての来院は、ご遠慮下さい。
  3. 検査時の注意
    ・内視鏡担当看護師の説明の通り、前処置をお受け下さい。
    ・検査後は、担当看護師の説明をよくお聞き下さい。

 

ポリペクトミー

ポリープや隆起した早期大腸がんの切除の際に行われます。内視鏡からスネアというワイヤを出してポリープにかけ、締め付けてからスネアに電流を流して切除します。

 

内視鏡的粘膜切除術

平坦な病変やへこんだ病変の切除に用いられます。病変の下に薬剤を注入して膨らませてから、ポリペクトミーと同様に切除します。粘膜の下の組織にダメージを与えずに切除することが可能です。なお、切除した病変は回収して、組織の病理検査を行います。

 

ポリープ切除を受けた際のご注意

アルコール、香辛料などの刺激物、運動、旅行や出張は術後、1週間程度控える必要があります。

大腸カメラの注意点

検査時には、腸の緊張を取るブスコパンの注射を行います。ただし、不整脈、前立腺肥大、緑内障がある場合にはブスコパンが使用できませんからグルカゴン注射を行います。
不安が強い方には鎮静剤を使用した検査も可能です。
ポリープやがんなどの疑いがある病変は、一部の組織採取や周囲粘膜を含めた病変の一括切除などを行う場合があります。事前にこうしたケースが起きた場合の対応について同意をいただいてから行っています。
大腸内視鏡検査のスケジュールは、前日の食事制限、切除を行った場合の術後約1週間は旅行や出張などが禁止されることを考慮してお決めください。

検査費用について

1割負担 3割負担
大腸カメラ(大腸内視鏡検査) 約2,000円 約6,000円
大腸内視鏡+ポリープ切除(1部位) 約9,000円 約24,000円
大腸内視鏡+ポリープ切除(2部位) 約10,000円 約27,000円
大腸内視鏡+ポリープ切除(3部位) 約11,000円 約30,000円

何か病変があり組織検査施行した場合は上記金額プラス組織1部位につき
約4,000円~11,000円(3割負担の方)かかります。