大腸内視鏡検査でわかる病気

早期大腸がん

早期大腸がん大腸がんは早期発見した場合、内視鏡検査時に切除可能ですし、前がん病変であるポリープを発見して内視鏡検査時に切除した場合には予防することもできる病気です。それにもかかわらず大腸がんで亡くなる人の割合が年々増加しています。2014年には女性のがん死亡原因の第1位・男性の第3位であり、2020年には男女ともがん死因の第1位になると予測されています。
早期の大腸がんや前がん病変であるポリープは自覚症状がほとんどありません。そして、一般的な大腸がん検診で行われている便潜血検査では、進行した大腸がんを一部見つけることができるだけですし、便潜血検査陰性でも進行した大腸がんが存在している可能性があります。また、便潜血検査には早期の大腸がんや前がん病変であるポリープを発見することはできません。
日常生活にほとんど影響を与えずに早期の大腸がんや前かん病変であるポリープを発見し、組織採取して確定診断を行い、切除という治療まで可能なのは、内視鏡検査だけです。定期的に内視鏡検査を受けていただくことで大腸がんになるリスクを大幅に下げることができるのです。
便潜血検査で陰性だからと安心してしまい、大腸内視鏡検査を受けずにいると大腸がんが知らずに進行している可能性があります。専門医としてできるだけ多くの方にこのことを知っていただいて、定期的に内視鏡検査を受ける方が増えることで、大腸がんで亡くなる方を少しでも減らしていきたいと考えています。そのため、当院では専門医による精密な内視鏡検査を楽に受けられるよう、さまざまな工夫を取り入れています。リスクが高まる40歳を超えたら、一度内視鏡検査をご検討ください。

進行大腸がん

早期の段階であれば内視鏡で切除して完治させることや、前かん病変であるポリープの内視鏡切除で大腸がん予防も可能ですが、放置していると粘膜のより深い部分にがんが侵入し、進行大腸がんになっていきます。
リンパ節、他の臓器への転移が起こる可能性がありますし、残念なことに手遅れとなってしまうこともあります。また、入院による手術や抗がん剤治療など、生活やお仕事に多大な支障を及ぼします。
大腸がん増加の背景には、動物性脂肪の摂取増加、食物繊維の摂取減少も大きく関係していますが、死亡者数の増加は早期発見と治療が可能な内視鏡検査を受けていただくことで大幅に低下させることができます。
進行大腸がん予防のために、定期的な内視鏡検査と食生活の改善を心がけましょう。

大腸腺腫(大腸ポリープ)

この段階では良性ですが、放置しているとポリープが大きくなっていき、腺腫内にがんができてくるとされています。そのため、ポリープの段階で切除することは大腸がん予防につながります。ポリープには自覚症状がほとんどありませんが、内視鏡検査で発見し、同時に切除することが可能です。ポリープを切除して、大腸がんへの進展を未然に防ぎましょう。

大腸憩室症

大腸壁の一部分が袋状になって外側に飛び出た状態です。内視鏡ではへこんだくぼみとして観察できます。憩室ができてしまうとなくなることはなく、炎症や出血を起こす可能性があります。大腸憩室は全人口の約10%の頻度で発見されるほどよくある病気です。動物性脂肪やハムなどの加工肉の摂取増加と食物繊維摂取減少により、日本人にも増えてきています。
憩室があるだけでは症状が出ませんが、憩室炎による炎症により腹痛といった症状が現れることがあり、憩室出血による出血がある場合には下血も起こります。
また、憩室があると大腸ポリープができやすい傾向も指摘されています。
なお、食生活の改善など生活習慣を見直すことで憩室ができることを予防することが可能ですし、できてしまった憩室を増やさないことにもつながります。

潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜が炎症を起こして、びらんや潰瘍ができる慢性的な大腸疾患です。下痢や下血、腹痛といった症状が慢性的に続き、回復する寛解期と再び症状が現れる再燃を繰り返すため、寛解期のコントロールも重要になってきます。
国の難病疾患である「特定疾患」に分類されており、1000人に1人程度の発症頻度です。発症年齢は20代にピークがありますが、高齢者の発症もあります。若くても下痢が続く、下血や腹痛がある場合には内視鏡検査を受け、できるだけ早く的確な治療を受けてください。
原因はいまだはっきりとは分かっていませんが、腸内細菌の関与、免疫機構(自己免疫反応)の異常、は食生活の欧米化などが指摘されています。治療は、症状を軽減し、長期間寛解期を保つためのコントロールといった形で継続して行います。潰瘍性大腸炎の炎症が長時間続くと大腸粘膜が持続的にダメージを受けるため、大腸がんの発症リスクが上がります。そのため、定期的な内視鏡検査が必要になります。

直腸カルチノイド

「カルチノイド」は「がんのようなもの」であり、まれに見られる消化管腫です。10mm未満のものはリンパ節転移や肝臓への転移を起こすことがほとんどありませんが、10mm以上になるとリンパ節や肝臓への転移を起こしやすくなるため、「がんではないもの」というより「かなりがんに近いもの」とイメージしていただけると正確です。大きさにより良性や悪性といった性質が変わり、治療も異なるため、内視鏡検査で早期に発見することが重要な疾患のひとつです。

直腸潰瘍

直腸に浅い潰瘍病変ができる疾患で、直腸下部に多く発症します。ほとんどの場合、自覚症状はありませんが。潰瘍からの出血が起こる可能性があり、まれに大出血による貧血を起こすこともあります。加齢や栄養不足によってリスクが高まると考えられていますが、原因がわからないことも多い病気です。

大腸脂肪腫

消化管腫瘍において脂肪腫は約3~4%と頻度が低く、腸重積症や腸閉塞症などの重大な症状を引き起こす可能性はさらに低くなっています。ただし、発見されたら定期的に内視鏡検査を受け、観察する必要があります。

大腸メラノーシス

大腸粘膜が色素沈着を起こして黒ずんでいる状態です。ほとんどの原因はセンナや大黄という物質が含まれた便秘薬だとされています。こうした便秘薬は大腸を刺激して粘膜に色素を沈着させます。大腸メラノーシスも内視鏡検査でしか発見できない疾患です。大腸を刺激するタイプの便秘薬を常用していると色素沈着以外にも大腸が刺激に対して鈍くなり、便秘薬が効きにくくなると言う弊害をもたらします。そのため、大腸メラノーシスが内視鏡検査で認められた場合には、便秘薬の種類や内服量、頻度などの見直しや生活習慣の改善など専門医による治療をおすすめしています。