日帰り大腸ポリープ切除

大腸ポリープ切除の日帰り手術

大腸ポリープ切除の日帰り手術当院では、放置していると大腸がん化する可能性がある大腸ポリープについて、内視鏡下大腸粘膜切除術の日帰り手術を行っています。
通常の内視鏡検査に比べ、切除を行う場合には約10分余計にかかる程度です。ただし、日帰りとはいえ手術ですから、術後は数時間の経過観察を行いますし、ご帰宅後は安静を保つ必要があります。またまれですが、出血や穿孔のリスクもゼロではないため、緊急連絡先を事前にお伝えし、万が一の際にも迅速な対応ができる体制を整えています。

大腸ポリープとは

大腸粘膜のできもので、腫瘍性ポリープと非腫瘍性ポリープに大きく分けられます。非腫瘍性ポリープは大腸がんになることがほとんどないもので、腸炎などの後にできる炎症性ポリープ、加齢によってできる過形成性ポリープなどがあります。
一方の腫瘍性ポリープは、良性と悪性があります。良性の腫瘍性ポリープはほとんどが腺腫であり、悪性の腫瘍性ポリープはほとんどががんです。そして、良性の腫瘍性ポリープである腺腫も、将来大腸がん化する可能性があります。そのため、腺腫がある場合には、大きさや形などをしっかり確認し、大腸がん化する前に内視鏡で切除することで大腸がんの予防が可能です。
大腸ポリープの内視鏡切除は、大腸がん化する可能性がある腺腫や早期の大腸がんが対象になっています。

日帰り大腸ポリープ切除

 

大腸ポリープ切除は、通常の大腸内視鏡検査の間に行うことが可能です。そのため、当院では検査を受ける患者様にあらかじめ同意いただいた上で、検査中にポリープの切除を行っています。検査と別に切除のスケジュールを作る必要がないことが大きなメリットです。なお、検査前にポリープ切除を行った際のご説明もしっかり行っています。

切除の流れ

大腸内視鏡検査では、肛門からスコープを挿入して、最初に一番奥にある盲腸までスコープの先端を進ませ、引き抜きながら大腸粘膜を観察していきます。この時に大腸ポリープを発見したら、ポリープ切除術を行います。

内視鏡の先端からスネアというワイヤを出してポリープにかけて縛り、そこに通電して切除します。痛みはなく、切除にかかる時間は10分弱程度です。なお、切除したポリープは回収し、病理検査を行います。
ポリープが大きい場合や、数が多いなどリスクが高い場合には、こうした検査時の切除はできません。さらに、普段飲んでいるお薬や既往症などにより、検査時の切除ができない場合もあります。そうした場合には、入院設備のある提携病院をご紹介しています。

大腸ポリープ切除術後のご注意

大腸ポリープ切除術後のご注意ポリープ切除を受けた場合、術後数時間は院内のベッドでお休みいただいた後、問題がないことを確認してから帰宅となります。
手術ですから、術後の出血や穿孔といった合併症が起こる可能性はゼロではありません。そうした合併症を防ぐために、帰宅されてからご注意いただきたいことがいくつかあります。

出血があった場合

便に混じる少量の出血は心配ありませんが、大量の出血や激しい痛みが現れたら、すぐに当院までご連絡ください。緊急連絡先をお伝えしていますので、夜間でもすみやかにお電話ください。

術後のご注意

大腸内視鏡検査や手術では、お腹の張りが気になる場合があります。当院ではすみやかにお腹の張りが解消する炭酸ガスを使っています。お腹の張りが少し気になることがありましたら、ガスを出すようにしてください。

ご帰宅時と当日のご注意

帰宅される際に車やバイク、自転車の運転はできません。徒歩や公共交通機関を使ってご帰宅ください。
帰宅したら安静に過ごしてください。当日の激しい運動は厳禁です。
入浴はシャワー程度にとどめ、早めに就寝してください。

食事のご注意

便秘にならないよう、水分をたっぷりとってください。食物繊維も積極的に摂取しましょう。術後、1週間の間は刺激物や脂肪分の多いものを避け、アルコールを控えるなど胃腸に優しい食事を心がけてください。

運動のご注意

翌日から軽い散歩程度は可能です。激しい運動、そして腹圧がかかる運動は1週間程度避ける必要があります。個別の運動については、医師にご相談ください。