胃炎

胃炎とは

胃の中には食べ物を溶かして消化するために、pH1~2という強い酸性の胃酸があります。胃酸は細菌などを死滅させる殺菌の役割も持っていますが、これほど強い酸性の液体にさらされても通常であれば胃壁が自己消化を起こすことはありません。これは、粘液というバリアが胃壁の粘膜を保護することで粘膜に直接胃酸が触れるのを防ぎ、粘膜にできた傷を修復する作用も持っているからです。
ただしこうしたバリア機能や修復作用が働くのには限度があり、それを超える刺激があるとこうした機能を果たせなくなって胃酸が粘膜を侵食し、粘膜の表面に「びらん」という炎症(ただれ)を起こします。また、胃は心の動きによってその働きに影響を受けるため、ストレスなどでこうした防御機能の働きが鈍くなって炎症を起こす場合もあります。
初期の胃炎であれば、適切な治療を受けて、生活習慣を改善することで炎症が治まっていきますが、放置して炎症が進行したり、繰り返し炎症が起こると胃粘膜の修復力が低下し、バリアするための粘液自体も減少するため胃酸が粘膜に触れる機会が増えて自己消化を起こしていき、悪化すると胃潰瘍を発症する可能性があります。

胃炎の症状と原因

胃炎の症状と原因急性の胃炎と慢性の胃炎がありますが、どちらの場合も他の胃疾患と共通した症状が現れます。そのため、緊急な対応が必要な胃炎以外の疾患がないかを調べることが重要です。なお、急性胃炎と慢性胃炎ではほとんどの場合、その原因は異なります。

急性胃炎の症状

  • 胃の痛み
  • みぞおち周辺の痛み
  • 膨満感
  • 胃のあたりの不快感
  • 胸焼け
  • むかつき・嘔吐

こうした症状が急激に現れます。

急性胃炎の原因

暴飲暴食、特に過度の飲酒によって起こることが多く、強い香辛料をとり過ぎて起こることもあります。服用している薬によって起こるケースやストレスによるものもあります。

慢性胃炎の症状

  • 空腹時の胸焼け
  • 食後のむかつき
  • 胃もたれ
  • 食欲不振

慢性的にこうした症状が続きます。
ただし、こうした症状がほとんどなく慢性胃炎が進行しているケースもありますのでご注意ください。

慢性胃炎の原因

ほとんどのケースで、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)感染が関係しています。ピロリ菌は胃酸の中でも生存できる細菌で、感染すると持続的な炎症を引き起こします。そして、慢性的な炎症だけにとどまらず、胃粘膜の萎縮を引き起こすため、ピロリ菌に感染していると胃がんの発生リスクも10倍以上になるとされています
ピロリ菌は5歳までの幼少期に感染するとされており、井戸水などを介した感染が一般的です。衛生状態が改善されたため最近は減少傾向にありますが、先進国の中で日本人の感染率はまた高い状態です。ただし、感染している場合でもピロリ菌の除菌治療を受けることでピロリ菌を消失させることが可能です。

胃炎の診療

急性胃炎

急性胃炎痛みの程度や痛み以外の症状について、そして摂取した飲食物や服用されている薬剤などについても問診でくわしくうかがっていきます。
はっきりとした原因がわからない場合や気になる症状がある場合には、内視鏡検査を行ってびらんや腫れ、毛細血管の一時的な拡張から起こる発赤などを確認し、他の胃疾患がないかをチェックします。

慢性胃炎

内視鏡検査を行って慢性胃炎の状態を詳しく確認します。なお、この内視鏡検査の歳にピロリ菌感染の有無も確認できます。胃粘膜が分厚くなる肥厚や萎縮などが起こっていたら胃炎が進行しています。胃壁が薄くなって血管が透けて見える場合には、さらに萎縮が進んだ萎縮性胃炎です。萎縮した胃粘膜は解消できないだけでなく、胃がんの発生につながる可能性があります。

胃炎の治療

薬物療法、ピロリ菌除菌など胃炎を起こす原因の除去、生活習慣の改善などを行います。慢性胃炎の場合、定期的な内視鏡検査が必要です。

薬物療法

症状や状態に合わせて、何種類もの胃酸分泌抑制薬、胃粘膜保護薬、胃の運動機能改善薬などから最適なものを選択して服用します。市販薬にも効果的なものはありますが、胃炎以外の胃潰瘍や胃がんといった疾患が隠れている場合、その発覚が遅れてしまう可能性があるため、必ず専門医を受診して正確な診断を受けてください。

ピロリ菌除菌除去治療

内視鏡検査では粘膜の状態を確認するだけでなく、ピロリ菌感染の有無も調べることができます。この検査で感染がわかった場合には、除菌治療が可能です。
除菌治療は抗菌薬と胃酸分泌を抑制する薬を7日間服用して行います。除菌の成功率は100%ではないため、治療を受けた6週間後に検査を受けます。この場合は呼気検査も有効です。成功したらそれで治療は終了ですが、失敗した場合には抗菌薬を別のものに変えて2度目の治療も可能です。なお、2回の治療でほとんどの場合、除菌治療に成功します。

生活習慣の改善

負担を抑えるために胃酸分泌を促進する飲食物を避ける必要があります。飲酒や喫煙、コーヒー・紅茶・緑茶などのカフェイン、刺激が強い香辛料、脂質の多い食材や料理はできるだけ避けてください。また、食べ過ぎないことも重要です。
胃の働きは心の状態にも大きく影響されます。寝る前にリラックスできる時間を必ず持って、十分な睡眠時間を確保し、ストレスを上手に解消して、できるだけ規則正しい生活を送るよう心がけてください。