胃カメラ(胃内視鏡)

胃カメラ(胃内視鏡検査・上部消化管内視鏡検査)

胃内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査)口や鼻から内視鏡を挿入して、胃をはじめとした消化管の粘膜を直接観察する検査です。一般的には胃カメラと呼ばれています。胃だけでなく、咽頭・食道十二指腸の観察が可能で、潰瘍や炎症、腫瘍、ポリープ、がんなどの診断に用いられ、早期のがんを見つけられる唯一の検査です。

楽に受けられる鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡検査)

当院では、最新の内視鏡システムを導入し、短時間で精度の高い検査を可能にしています。経験豊富な内視鏡専門医が検査を行うため、安心してお任せいただけます。
そして、鼻から挿入する経鼻内視鏡検査を導入することで、不快感や苦痛をさらに抑えた検査が可能です。

 

経鼻検査が楽に受けられる理由

  • 強い嘔吐感が起こる舌の付け根に全く触れないで検査可能
  • スコープが柔らかくしなやかで、検査時の不快感を大幅に軽減
  • 検査中の会話が可能なので、安心感がある
  • 局所麻酔の量を抑えられるため身体への負担も抑えられる

こんな方に経鼻検査はおすすめできます

  • 口からの胃カメラ検査を二度と受けたくない方
  • 歯磨きの時など、舌の付け根付近になにか触れると強い嘔吐感を覚える方
  • 内視鏡検査は苦しそうで受ける勇気が出ない方
  • 身体への負担をできるだけ抑えた内視鏡検査をご希望の方

比較的最近になって一般化してきた鼻からの内視鏡検査ですが、驚くほど楽に受けられるため、当院ではリピーターになっている方も少なくありません。まずはお問い合わせください。
なお、鼻に疾患があるなどで経鼻検査が不可能な場合や、口からの検査をご希望される方には経口検査も行っています。その際にもできるだけ苦痛や不快感のない検査を心がけています。
また、内視鏡検査自体に強い不安感を持っている場合などでは、鎮静剤を使った内視鏡検査も可能です。ウトウトしている間に検査が終わるため、お気軽にご相談ください。

胃カメラ(胃内視鏡検査)でわかる病気

胃内視鏡検査でわかる病気直接観察できるため、早期の胃がん、食道がん、十二指腸がんをはじめ、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎、ピロリ菌感染などに有効です。検査で病変が見付かった場合、検査中に組織を採取して確定診断を行います。

胃の症状と疾患

胃の症状と疾患胃がんなど早期発見が重要な病気はかなり進行しないとはっきりとした自覚症状が現れないケースがよくあります。また胃の場合、良性疾患と悪性疾患の症状が似ていることも多いため、内視鏡検査はその見極めに有効です。
特に注意が必要なのは、胃がんリスクの高いヘリコバクター・ピロリ菌感染による胃炎や潰瘍です。胃の不快感や痛みなどの症状があったら内視鏡検査を受けて、ピロリ菌感染の有無や胃粘膜の状態をきちんと調べてみましょう。

市販の胃薬には効果の高いものもありますが、疾患によっては適切ではない胃薬によって症状を悪化させる可能性もあります。消化器の専門医に相談し、内視鏡検査を受けて、正確な診断と治療を受けることをおすすめします。

表層性胃炎

胃粘膜の表面に軽い炎症が起きている状態です。空腹時に胃の不快感や痛みが起こります。

びらん性胃炎

「びらん」は粘膜がただれた状態で、炎症によって起こります。胃の出口である幽門部付近に見られることが比較的多くなっています。胃の痛みや不快感、そして出血を起こす場合もあります。

萎縮性胃炎

繰り返す炎症によって粘膜が萎縮している状態です。主な原因はヘリコバクター・ピロリ菌感染です。進行して萎縮の範囲が広がると食欲不振や胃もたれなどが起こるケースがあります。

ヘリコバクター・ピロリ性潰瘍

ヘリコバクター・ピロリ菌感染によって炎症を繰り返し、胃潰瘍が起こっている状態です。ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療が必要です。

逆流性食道炎と内視鏡検査

近年、逆流性食道炎が増えてきています。胸やけが代表的な症状ですが、他にもさまざまな症状を起こすことがあり、確定診断のために内視鏡検査が不可欠です。
また、自覚症状がまったくないまま胃液が食道に逆流しているケースもあります。

逆流性食道炎の症状
  • 胸やけ
  • 呑酸(ゲップですっぱいものが上がってくる)
  • 食道のつかえ、飲み込みにくさ
他の病気と紛らわしい症状
  • 耳の痛み、耳鳴り、めまい
  • 喉のイガイガや声がれ
  • 咳、喘息
  • 胸の痛み

胃がんの早期発見には内視鏡検査が不可欠です

早期の胃がんは、治しやすい病気です。それにもかかわらず、現在も日本人のがん部位別死亡数では男女共に胃がんが2位になっています。これは、早期の胃がんに自覚症状がなく、症状が現れてから受診した場合にはすでにかなり進行してしまっているケースが多いことが大きな原因だと考えられています。
早期の胃がんを発見するためには、症状がない段階で内視鏡検査を受ける必要があります。定期的な内視鏡検査を受け、早期の胃がんを見つけることができれば、日常生活やお仕事にほとんど支障なく治すことも可能です。

胃がん発見のための内視鏡検査を受けるベストタイミング

胃がんの罹患者数は男性が多く、女性の倍程度だと報告されています。増加しはじめるのは40歳代ですので、40歳を超えたら一度、内視鏡検査を受けることをおすすめしています。
胃がんや胃潰瘍になったご家族がいる方、ピロリ菌に感染している方、喫煙や過度の飲酒をされる方、そして胃の調子が気になる方は、早めに内視鏡検査を受けましょう。

苦しくない検査で、胃がんの早期発見

苦しくない検査で、胃がんの早期発見胃内視鏡検査は定期的に受けていただくことで、早期がん発見という効果を期待できます。そのため、気軽に受けていただけることは不可欠です。内視鏡専門医、そして消化器疾患の専門医として、楽に受けていただける内視鏡検査こそ、地域の方の健康を守るために役立つと考え、当院で内視鏡検査における不快感や苦しさの徹底的な排除を心がけています。
鼻からの内視鏡スコープは口からのものより細くなっていますが、撮影精度については同程度になってきています。そのため、微少な病変も短時間で発見することが可能です。
経鼻内視鏡検査は苦しさ・つらさを軽減するだけでなく、高いクオリティの診断も可能です。安心してお任せください。

胃カメラ(胃内視鏡検査)の流れ

検査前日

夜9時までに食事を済ませます。飲酒は控えてください。
内視鏡検査前日の夕食は消化の良いものとしてください。

検査当日

午前中に検査を受ける場合には、朝食をとらずにご来院ください。
午後の検査の場合は、軽く消化の良い朝食の後、昼食をとらずにご来院ください。
検査30分前までは、透明な水やお茶を飲むことは可能です。脱水を起こさないためにも、積極的に水分をとりましょう。

お薬については、事前にご説明をしています。いつも通り飲むよう指示のあったお薬を飲んでください。なお、検査後はご自分で運転されてのご帰宅ができません。そのため、お車やバイク、自転車などでのご来院はお控えください。

 

内視鏡検査開始(鼻から経鼻内視鏡検査)

  1. 胃の中をきれいにするため、検査前にガスコン水やプロナーゼ水を飲んでいただきます。
  2. 鼻に鼻腔を広げる薬を挿入します。
    左右の鼻にキシロカインという麻酔薬を入れます。
    なお、緊張感やご不安が強く、鎮静剤をご希望される際にはここで使用します。
  3. 胃内視鏡スコープを挿入して検査を行います。咽頭、食道、胃、十二指腸をくまなく観察し、疑わしい部分があったら組織を採取して病理検査を行います。潰瘍があるなどの場合には、ピロリ菌検査のための組織採取も行います。検査にかかる時間は10分程度ですが、組織採取を行った場合にはもう少し余計にかかります。

胃内視鏡検査のご注意

鼻からの検査では、鼻出血予防のための薬を使用します。そのため、検査に先だって行う診療時に心臓病、高血圧、甲状腺機能亢進症、糖尿病、パーキンソン病などの既往症、さらに交感神経作用薬による不眠やめまいなど症状がある方は事前にお申し出くださいませ。

検査後の飲食

検査終了後、1時間ほどで飲食が可能になります。まずはお水を少しだけ飲み、むせずに飲めるかどうか確かめてください。
なお、組織採取が行われた場合には、香辛料などの刺激物、飲酒、コーヒーなどの当日摂取は控えます。

胃内視鏡検査のための簡易チェック
  • 薬のアレルギーの有無
  • 生活習慣病をはじめとした既往症の有無
  • 血液をサラサラにする薬の服用
経鼻検査のためのチェック
  • 耳鼻咽喉科で鼻の治療を受けているなど鼻の疾患の有無
  • 鼻血が出やすい

内視鏡検査を受ける前の問診で、既往症や飲んでいる薬、アレルギーなどについてしっかりうかがってます。

検査費用について

1割負担 3割負担
胃カメラ(胃内視鏡検査) 約1,500円 約5,000円

何か病変があり組織検査施行した場合は上記金額プラス組織1部位につき
約4,000円~11,000円(3割負担の方)かかります。