胸やけ・げっぷの多い原因・疾患・治療方法

胸やけについて

胃酸が食道の方に逆流することで食道に炎症を起こし、刺激されて胸やけになります。みぞおちから喉の下あたりまで、食道が圧迫されるような締め付けられる感覚で、胸が焼けるような痛みが生じます。

胸やけの原因は様々

暴飲、暴食や加齢、肥満

食べすぎや飲みすぎ、辛いものを食べた場合、食べ物を消化しようと胃酸は大量に分泌されます。胃酸が逆流し、食道に流れてしまうと胸やけを引き起こします。また、消化しにくい揚げ物やスナック菓子などの脂っぽいもの、果物や炭酸飲料も胃酸を多く分泌させるので、胸やけの原因となることがあります。

食道の大部分は筋肉によってできているので、年齢が進むと柔軟性や弾力性が失われていきます。その結果、胃酸が食道に上がってきてしまい胸やけを生じさせることがあります。太りすぎの場合も、胃・食道の筋肉の収縮がうまく働きません。さらに太りすぎは腹圧を上げてしまうため、胃酸が逆流しやすく胸やけになることがあります。

体勢が胸やけの原因に?

庭の手入れや掃除などでかがむ姿勢を続けていたり、食べてすぐに寝たりと日常の動作や姿勢によっても胸やけを引き起こすことがあります。胃の位置が正常に保てず、食道と胃が水平になってしまうと胃酸が食道に逆流しやすくなるためです。食べた直後など胃が働いているときに横になると、胃酸の分泌も活発な上に、食道に流れやすい体勢なので同じく胸やけを引き起こしやすいというわけです。

ストレスからくる自律神経の失調

胸やけはストレスによっても生じます。ストレスは心身の不調をきたしますが、自律神経を乱し、胃酸の過剰分泌などを引き起こすことがあります。これにより胃酸が逆流して食道を刺激し、胸やけの原因となります。

ピロリ菌が胃の粘膜を破壊

「ヘリコバクター・ピロリ菌」とは胃の粘膜に生息している細菌です。胃の中は強い酸性なので細菌は生息できないのですが、ピロリ菌の場合、強い酸性の中でも生息できるよう、酵素を含んでおりその酵素がアンモニア(アルカリ性)を出しており、胃酸が中和されて生息できます。ピロリ菌が胃の粘膜をどのように傷つけているのか、様々な研究がなされていますが、複合的に要素が絡んで粘膜を傷つけていると考えられています。

一説には、ピロリ菌から出るアンモニアが有害物質となって胃の粘膜を傷つけ、その結果慢性胃炎や胸やけを引き起こします。さらに、粘膜に胃酸や消化酵素が直接触れることで胃壁が傷ついて、胃潰瘍やポリープを進行させてしまうと考えられています。

胸やけの症状を持つ疾患

胃酸が逆流する胃食道逆流症(GERD)、逆流性食道炎

耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、逆流性食道炎や胃食道逆流症は、年々、その患者様が増えています。食生活で暴飲暴食の傾向にある方、高齢の方、肥満の方などは逆流性食道炎や胃食道逆流症になるリスクが高いと言われています。食後に起こりやすく、胸やけの症状以外にもげっぷや喉のつかえ、胸のつかえなど違和感が生じます。逆流性食道炎は食道が胃酸によって炎症を起こしてしまいますが、胃食道逆流症は食道に炎症が見られません。

慢性胃炎や胃潰瘍

慢性胃炎の原因はピロリ菌のほか、暴飲暴食やストレスも関係していると言われています。慢性胃炎にかかると、胃の粘膜が弱くなるため炎症が起こるたびに胃炎が治りにくくなります。慢性胃炎の症状としては、胃痛や吐き気、胸やけ、げっぷなどがあります。これらが慢性的に不定期に繰り返されて、進行すると胃潰瘍に悪化してしまう恐れもあります。

胃潰瘍の原因も様々あります。ピロリ菌によるもののほか、解熱鎮痛目的で使用される非ステロイド性消炎鎮痛剤やステロイド薬なども粘膜を傷つけて胃潰瘍を引き起こすことがあります。また、慢性的なストレスも胃腸の機能低下を引き起こし、胃潰瘍の原因となります。胃潰瘍の主な特徴は、胃に入った食べ物が潰瘍部分を刺激するため、食事をしているときにみぞおちのあたりに痛みが走ります。

十二指腸潰瘍

胃潰瘍同様、ピロリ菌によるもの、非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド薬などによるものなどあります。また十二指腸の粘膜に胃酸や消化酵素が付着して十二指腸潰瘍を引き起こします。

予防法

食事は規則正しく、食べたら休む

食事の時間や内容が偏っていると、胃への負担は大きく、胃酸が過剰分泌される原因になります。アルコールの摂りすぎや脂っこい食生活を見直し、規則正しい食事スタイルを身につけましょう。

現代人は仕事の時間も不規則で、食後にゆっくり休憩する余裕がない人も多いですが、食後30分ほどは休息をとって、胃の働きができるように体を休めましょう。

ピロリ菌の除菌

ピロリ菌感染については、病院で検査するとわかります。ピロリ菌がいた場合、基本的に内服薬治療でピロリ菌を除去できます。慢性胃炎や胃潰瘍、胃がんなどの予防にもピロリ菌は有効と言われているので、ピロリ菌が見つかったら早急に治療を受けましょう。

治療方法

 

お腹に負担のかからない工夫を

ベルトやコルセットなどでお腹を締め付けていると、胃が圧迫されて胃酸の逆流を促してしまうことがあります。また、妊娠中、子宮が大きくなると胃が圧迫されて胸やけを起こすことがあります。そうした場合は、食事の回数を増やして一回の量を減らすなど工夫してみましょう。

また、横になると胸やけが起きるという方もいます。上半身が高くなるように布団の下にタオルを畳んで重ねたり座布団などを敷いたりすると、傾斜をつけると胸やけが起きにくくなります。

病院で診察を受ける

胸やけが長く続いている場合、重篤な疾患が影にある可能性があります。自己判断せず、内科や消化器内科などにかかりましょう。