胃もたれによる気持ち悪さの原因・病気・治し方

胃もたれについて

胃もたれは、食べ物が胃に溜まって、十二指腸へうまく送られないために胃がむかむかしたり、重く感じられたりする症状をさします。げっぷの症状が出ることもしばしばあります。繰り返し、胃もたれを感じる、胃部の違和感がある場合、何か疾患が背景にあることも考えられます。

胃もたれの原因は生活習慣や生活スタイルも

偏った食生活や過度のアルコール摂取

食べすぎ、飲みすぎや香辛料のたっぷり入った料理など、胃を強く刺激したり胃の働きを弱めてしまうような食事の摂り方をしていると、胃もたれが起こりやすくなります。揚げ物や中華料理など脂っぽい食べ物は胃の滞留時間が長く、消化に時間がかかるため、十二指腸になかなか食べ物が排出されず胃もたれの原因になります。

また、喫煙やお酒の飲みすぎや果汁、炭酸飲料の摂りすぎも胃もたれを引き起こすので、暴飲暴食はくれぐれも注意しましょう。

弱った胃や自律神経の失調

日頃の運動不足や加齢は、胃の働きが弱まる原因になります。胃の働きが弱まると、慢性的に消化不良に陥り、なかなか十二指腸に送り出せないので食べ物が胃に溜まった状態になります。それが胃もたれの原因となります。ニコチンも胃の動きを鈍くするのでタバコを吸っていると胃から腸への排出機能が下がります。

また、自律神経の乱れも胃腸の働きを妨げる原因と言われています。慢性的にストレスに晒されていると、胃の蠕動運動が狂ってしまい、胃もたれを引き起こすのです。

ピロリ菌によって胃が傷つく

胃の中に生息できる珍しい細菌でもある「ヘリコバクター・ピロリ菌」。胃の中は食べ物の消化や防腐のために酸性となっています。そのため、細菌が生息することは普通できないのですが、ピロリ菌は「ウレアーゼ」という酵素を出すことができ、この酵素がアルカリ性のアンモニアを作り出します。そのために、酸性の胃の中でもピロリ菌はアルカリ性のアンモニアで環境を中和させて生息できるのです。

このピロリ菌が出すアンモニアは胃の粘膜を傷つけ、本来なら粘液で保護されている胃の粘膜に胃酸や消化酵素が直接触れることで胃壁を傷つけてしまうなど、いくつもの要素が絡んで胃もたれを引き起こしています。こうしたピロリ菌の働きが慢性胃炎を引き起こし、胃潰瘍へと増悪する原因と考えられています。

胃もたれの症状が出る病気

胃下垂や胃腸の機能低下

胃下垂は、本来の胃の位置よりも下がった場所に胃が垂れている状態のことです。胃下垂自体は病気ではありませんが、胃が下がっていると、胃の働きが正常になされず、胃腸の働きそのものが低下します。それにより、胃もたれ、むかむか、胃痛や便秘などを引き起こすことがあります。

慢性胃炎や胃潰瘍

長期間ストレスに晒されていたり、暴飲暴食を続けていたりすると慢性胃炎を引き起こしやすくなります。また、主にピロリ菌も胃の働きを妨げます。慢性胃炎は、これらの原因によって胃の粘膜が傷ついて炎症を起こしている状態です。胃のむかつき、重だるい感じや吐き気、胸やけなどの様々な症状が突然起こり、繰り返しているうちに胃潰瘍へと悪化してしまうこともあります。

ストレスによる自律神経の乱れや、ピロリ菌や鎮痛解熱目的で使われる非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド薬などによって胃粘膜が傷つきます。胃粘膜が傷つくと、それを保護する粘液が作られず、胃酸や消化酵素が直接胃粘膜を傷つけてしまうために胃潰瘍になります。

主な症状は、みぞおち周辺の重い痛みです。胃に入った食べ物が潰瘍となった胃の部分を刺激し、痛みが出ます。そのため、胸やけや吐き気なども伴います。

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍は、胃潰瘍と同様、ピロリ菌やストレスによる自律神経の乱れ、非ステロイド性の消炎鎮痛剤、ステロイド薬といった薬によって粘膜が傷つけられて、本来は粘液の働きによってブロックされている粘膜や腸壁が胃酸・消化酵素に直接触れて、組織を破壊します。

胃もたれを防ぐには

バランスの良い食事と程良い休息

いつも食事の時間が不規則、脂っぽい食事ばかりなど偏った食生活は胃酸過多の原因になります。また、お酒の飲みすぎやタバコは胃の働きを弱めてしまいます。食事や生活習慣を見直しましょう。

食べてすぐに食べ物が消化されるわけではなく、食後30分ほどは体をゆっくり休めることが大切です。食べ物を消化するには血液の働きが欠かせませんが、食べてすぐに運動したり、入浴したりすると、血液が胃以外のところに必要になってしまいます。消化を促すためにも、食べた後は、急に動いたりしない方が良いでしょう。

ピロリ菌の除菌

「ピロリ菌がいるのかも」と心配になったときは、病院で検査を受けることができます。検査方法は内視鏡検査や血液検査、尿検査などいくつかあります。万が一、ピロリ菌がいたとしても、医師に処方された薬で治療ができます。除菌をすれば、一度傷んでしまった胃壁や腸壁も自然と修復され、慢性胃炎や潰瘍、胃がんの予防にも有効だと言われています。

治し方

胃をマッサージしよう

胃もたれには、胃のマッサージも有効です。お風呂の中で、両膝を立てて座ります。ゆっくり息を吐き、指先で肋骨下の胃のあたりを優しく揉みます。胃の回復に効くツボが刺激され、胃の働きが回復します。

医療機関で診てもらおう

セルフマッサージだけでは、対症療法にすぎず、胃もたれの根本解決にならない場合があります。長引く胃もたれの裏には、重篤な疾患がある場合もあります。「ただの胃もたれだから」と軽視せず、消化器内科などの診察を受けることをおすすめします。