便潜血検査(血便)と大腸内視鏡検査

便潜血検査の落とし穴

便潜血検査は、進行した大腸がんを発見できる「場合」もある検査です。便潜血検査では早期の大腸がんや前がん病変のポリープを見つけることはほとんどできませんし、それどころか進行した大腸がんが見逃されてしまう場合もあります。つまり、便潜血検査は、「陰性だから大腸がんではない」とは言い切れないものなのです。便潜血検査は大腸がんによる死亡率を下げることを目的とした検査であり、実際に死亡率を下げるためには役立っています。ただし、見つかるのは進行してしまった大腸がんですから、入院による手術や抗がん剤治療などの必要な段階であり、身体的・経済的な影響を大きく受けてしまうのです。

便を検査するだけですから検査としては身体的な負担が小さく、検査費用も抑えられるため便潜血検査は広く行われていますが、この検査は「大腸がんによる死亡率を下げる」ための検査であることをご理解いただきたいと思っています。

便潜血検査の陽性と陰性

便潜血検査「陽性」とは

陽性という結果は、便に血液が混じっているということであり、実際に陽性の原因では痔によるものが一番多くなっています。もちろん、進行した大腸がんで陽性になることもあります。これは、かなり進行した大腸がんが便の通り道を狭めてしまい、無理に便が通過する際にがんの表面が擦れて血が付くことで陽性となります。
なお、陽性になった場合、内視鏡検査で大腸がんの有無を確認する必要があります。

便潜血検査「陰性」とは

便に血液が混じっていないという状態です。早期の大腸がんや前がん病変のポリープの場合、それほど大きくありませんので便が擦れて出血することはなく、ほとんどが陰性になります。また、進行した大腸がんでも、擦れて傷を付けるような硬い便が通る場所でなければ出血を起こすことはないため、陰性となってしまうケースがしばしばあります。

便潜血検査の結果だけに頼っていると早期がんや前がん病変のポリープを発見することはできず、みすみすがんを進行させてしまう可能性があります。また、進行したがんを見逃してしまうリスクもありますのでご注意ください。

内視鏡検査は、早期発見が可能な唯一の検査

内視鏡検査は、早期発見が可能な唯一の検査大腸がんは早期に見つけて適切な治療を受ければ、日常生活にほとんど影響なく治すことが可能な病気ですし、前がん病変のポリープを切除することは将来の大腸がんを予防することにつながります。こうした早期の大腸がんやポリープを発見するためには、内視鏡検査が唯一有効な検査です。
大腸内視鏡検査は、直接、腸内の粘膜をすみずみまで観察できます。そのため、早期の微妙な変化や前がん病変のポリープを見つけることができます。また、その場で内視鏡による切除を行うこともできますし、組織を採取して確定診断につなげることも可能です。身体に負担をかけずに検査から治療まで行えることが内視鏡検査の大きなメリットです。

ご自身のために、そしてご家族のために

大腸内視鏡検査は、ご自身の健康を守るための「がん予防」であり、ひいては大切なご家族を含めた生活の質を守る検査です。大腸がんリスクが上がる40歳を超えたら、一度、大腸内視鏡検査を受けることをご検討ください。

当院の大腸内視鏡検査

苦しくない前処置のために

腸の粘膜をくまなく観察するためには腸内を空っぽにする必要があり、洗腸剤を飲みます。この洗腸剤にはさまざまなものがあります。当院では医師や看護師が実際に多数の洗腸剤を試した上で、飲みやすいものを選んでいます。

 

ウトウトした状態で楽に

鎮静剤を使うことで、検査中、うとうと眠っているような状態を保ちます。これにより緊張なくリラックスして検査を受けていただけるため、お身体だけでなくお気持ちへの余計なご負担も軽減できます。なお、鎮静剤は患者様ごとに最適な量を使用することで安全性をより高めています。

 

お腹の張りを速やかに軽減

腸にシワなどがあると観察できない部分ができてしまうため、検査中は腸を膨らませる必要があります。当院では、空気に比べて吸収速度が200倍の炭酸ガスを使用しているため、検査後は速やかにお腹の張りが消えていきます。なお、炭酸ガスは呼気で素早く排出さえるため、お体への負担も少なくなっています。

こうした工夫だけでなく、最新機器を導入し、経験豊富な消化器内視鏡専門医が検査を行うことにより、高精度な検査を短時間で行うことができるため、時間的にも患者様へのご負担が軽減されています。

当院では、内視鏡検査を受けた方から「あまりにも楽で驚いた」という声を多くいただいています。ご不安がありましたら、なんでもお気軽にご相談ください。