痔ろう

痔ろうと肛門周囲膿瘍

痔ろうと肛門周囲膿瘍は同一の疾患であり、病期が違います。まず肛門周囲膿瘍が起こり、それが進行して痔ろうになります。

痔ろうと肛門周囲膿瘍のメカニズム

痔ろう肛門には肛門陰窩というくぼみがあり、その奥には肛門腺があります。この肛門腺に何らかの理由で細菌が侵入し、炎症を起こして膿がたまった状態が肛門周囲膿瘍です。かゆみや腫れ、痛みといった症状があります。
肛門周囲膿瘍でたまった膿が出口を求めて管状の穴を開け、膿が排出されると痔ろうとなります。痔ろうに進行すると溜まった膿がなくなって炎症が落ち着きますが状態としては悪化しており、管が増えて複雑になっていく可能性があります。また、肛門陰窩と皮膚表面がろう管でつながってしまうため、下着が汚れやすくなり、かゆみや皮膚トラブルが起こりやすくなります。
なお、この管の穴は、細菌が侵入した肛門陰窩が一次孔、皮膚に開通したものが二次孔と呼ばれており、ろう管は一次孔と二次孔の間をつなぐ管です。

痔ろうと肛門周囲膿瘍の治療

痔ろうと肛門周囲膿瘍の治療痔ろうは薬剤などを用いた保存療法では治すことができず、手術が必要です。長く放置しているとがんになる可能性がありますので、早めに受診してください。
痔ろうはできた場所やろう管の広がり、形、ろう管の長さ、深さなど、それぞれがかなり異なっています。再発を防ぐためには肛門陰窩の一次孔をきれいに処置することが最も重要です。手術には、ろう管を開く、切除する、くりぬくといった方法があり、ゴムを利用して徐々に切りながら治癒させていく方法もあります。治療にかかる時間なども変わってきますが、肛門の機能にできるだけ影響を与えない方法を選択してください。
※手術の場合は提携病院に紹介させていただきます。