当院の内視鏡検査の特徴

当院の内視鏡検査が楽に受けられる理由

がんの早期発見と治療で、患者様の健康と生活の質を守るために、当院では、楽に受けられる高精度な内視鏡検査を行っています。
当院の胃や大腸の内視鏡検査は、熟練した専門医が最新機器を使い、洗練された手法を導入して無痛の検査を実現しています。

 

すべての内視鏡検査を経験豊富な内視鏡専門医が行っています。

内視鏡は操作する医師の技量や経験によって、可能な検査方法や精度に大きな差が現れるという特徴を持っています。
当院では、経験豊富な内視鏡専門医である院長がすべての内視鏡検査を行っています。
定期的な検査が早期発見には不可欠ですが、院長が継続して検査に当たっているため、以前の検査結果をしっかり把握した上で検査を行い、定期観察のメリットを最大限活かすことができます。

 

鎮静剤を使った検査は「楽に受けられる」だけでなく、見落としの少ないより正確な検査を可能にします。

ウトウトしている間に検査が終わってしまうため、無痛の検査が可能です。
痛みや強い嘔吐感がないだけでなく、粘膜のヒダを伸ばすために炭酸ガスを入れて膨らませる際の不快さも感じることなく検査を受けていただけます。
このことから、ヒダやシワに隠れて十分に観察できない部分が生じることがなくなるため、すみずみまでしっかり検査できます。

 

スピーディで正確な検査のために最新の内視鏡システムを導入しています。

スピーディで正確な検査のために最新の内視鏡システムを導入しています。細く高精細なスコープで、全例ハイビジョンの検査を行っています。また、それを映し出すモニターも、現時点で世界最大サイズのハイビジョンモニターを導入しています。これによって微細な病変も大きくクリアに表示できるため、スピーディでより正確な検査が可能です。
また、光の波長を変化させて通常光ではわかりにくい病変を明確に映し出すNBI(狭帯域光観察)や100倍拡大観察機能も導入しています。
消化器内視鏡専門医の高い技量を活かせる最新機器の導入で、きめ細かい操作が可能になり、質の高い検査を実現しています。

不快なお腹の張りをなくす、炭酸ガス送気システムを導入しています。

胃や大腸の粘膜にはシワやヒダがたくさんあります。すみずみまでくまなく観察するためには、気体で膨らませる必要があります。当院では、空気の200倍吸収が早く、お腹の張りをすみやかに解消できる炭酸ガスを使った送気システムを導入して不快な膨満感を大幅に軽減しています。炭酸ガスは二酸化炭素として呼気から自然に排出されるため安心して検査を受けていただけます。

 

 

胃と大腸の内視鏡検査を同日に受けられます。

胃と大腸はどちらも早期がん発見のために定期的な内視鏡検査が必要です。お忙しい方にとって別の日に改めて検査を受けることはかなり大きな負担になります。
当院では胃と大腸の内視鏡検査を同日に受けられるようにしてこうしたご負担を軽減しています。

 

早期大腸がんや前がん病変である大腸ポリープ切除手術を日帰りで行っています。

内視鏡検査で早期大腸がんや前がん病変である大腸ポリープを発見した場合、その場で切除することが可能です。内視鏡検査では発見するだけで、後日入院して切除手術を受けるのでは、患者様の精神的・肉体的・時間的・金銭的負担がどうしても大きくなってしまいます。
当院では、検査と同日の日帰り手術を行うことで、そうしたご負担の軽減に努めています。

 

 

検査機器は徹底的な洗浄を行い、履歴をデジタル化して管理しています。

当院では日本消化器内視鏡学会の内視鏡洗浄・消毒ガイドラインに従い、内視鏡の検査ごとに内視鏡用洗浄消毒器(クリーントップWM-SⅡ、カイゲンファーマ社製)で徹底的な洗浄・消毒をおこなっております。

また、デジタル化により、“いつ”、”どのスタッフが”、”どの内視鏡スコープを”、”どのくらいの洗浄液の濃度で”、”どの洗浄機で”消毒したかを、誰でも明確に洗浄履歴が分かるように管理しております。

是非安心して検査をお受けください。

 

検査結果は、画像を見ながらわかりやすくお伝えしています。

内視鏡検査を行った専門医が検査後の説明も丁寧に行います。その際には、検査の画像をハイビジョンモニターに映し出して説明しています。最新の画像ファイリングシステムの導入により、検査後すぐにフルハイビジョン画像を使ったご説明が可能になっています。