逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは胃酸から粘膜を守る機能を持たない食道に胃液や消化途中の食べ物が逆流し、それによって食道の粘膜が炎症を起こしている状態です。逆流により粘膜がただれるびらん、粘膜など組織の一部がなくなる潰瘍などが起こりますが、逆流があってもこうした症状を起こさない非びらん性胃食道逆流症もあるため注意が必要です。
代表的な症状には胸やけや呑酸(ゲップの際に酸味が上がってくる状態)がありますが、声がれや喘息、長引く咳、喉の違和感、食べ物がうまく飲み込めない、胸の痛みなどさまざまな症状が現れることもあります。
日本人には少ないとされてきましたが、食など生活の欧米化にともなって最近では増加傾向にあります。

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の原因逆流を防ぐ仕組みや食道の蠕動運動の機能低下、脂肪分やタンパク質の多い食事、食べ過ぎ、腹圧(肥満・姿勢の悪さ・腹部の締め付けなど)、加齢、薬の副作用などさまざまな原因によって起こります。

逆流を防ぐ仕組みの低下

食道と胃の間をつなぐ噴門部には、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)という筋肉があります。この筋肉は食べ物を飲み込む時以外に食道を閉じて胃液の逆流を防いでいます。この機能が落ちてくると胃液が逆流し、逆流性食道炎を発症します。

食道の蠕動運動低下

口から運び込まれたものは消化器全体の蠕動運動によって食道から胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門へと運ばれています。この蠕動運動は、胃液や消化途中のものが食道に逆流した際に、それを胃に素早く戻す役割も担っています。そのため、蠕動運動が低下すると逆流した物が食道に長くとどまってしまい、炎症を引き起こします。

脂肪分やタンパク質の多い食事

脂肪分が多い食べ物は胃酸の分泌を増加させるため、逆流による炎症のリスクを増大させます。また、タンパク質は胃で消化するために長時間かかるため、逆流を起こしやすくなります。

食べ過ぎ

大量の食べ物は胃を下に引き延ばし、胃と食道の間にある下部食道括約筋を緩ませるため、逆流が起こりやすくなります。

腹圧

腹圧が大きくかかると胃液の逆流は起こりやすくなります。肥満や姿勢の悪さは、お腹を圧迫して腹圧を高めるため、逆流性食道炎のリスクも高まります。
前屈みの姿勢をとることや腹部を強く締め付ける服装も逆流性食道炎を起こすきっかけになりますのでご注意ください。

加齢

加齢により筋肉は衰えます。そのため、下部食道括約筋の働きも弱まります。さらに、消化器の蠕動運動も加齢によって低下しますし、唾液の量も減少します。こうした複数の要因が重なるため、高齢になると逆流性食道炎のリスクは高まります。

薬の副作用

下部食道括約筋を緩める副作用を持っている薬があり、それを服用することで逆流性食道炎を発症する場合があります。たとえば、喘息、血圧コントロール、心臓の病気などの薬にそうした副作用が認められているものがあります。
他にピロリ菌除菌治療の際に逆流性食道炎の症状が出るケースがありますが、これは一時的なものであり、ほとんどの場合、治療終了後には治ります。

逆流性食道炎の検査と治療方法

効果の高い薬物療法がありますし、生活習慣を改善することで再発も防げます。そのため、ほとんどの場合には保存療法で改善することができます。ただし、まれですが重度の場合には手術が行われる場合があります。逆流性食道炎の治療は、食道の粘膜が胃の粘膜に変性してしまうバレット食道や食道がんなどの合併症予防にもつながるため、症状に気付いたら早めに受診してください。

内視鏡検査

内視鏡検査逆流性食道炎の症状は、狭心症や食道がんでも起こる場合があります。そのため、こうした重大な疾患が隠れていないかをしっかり確認することが重要です。食道粘膜のびらんや潰瘍がある場合、内視鏡検査を行うことで直接粘膜を観察し、病変部分の組織を採取して病理検査による確定診断を行います。逆流性食道炎と食道がんを正確に見極めるためにも内視鏡検査は不可欠です。そして、逆流性食道炎による食道粘膜のびらんや潰瘍と食道がんの病変を正確に見極めるためには、消化器内視鏡の専門医による内視鏡検査を受けることが重要です。

当院では、経験豊富な専門医が検査を行っており、口からスコープを挿入する経口内視鏡検査だけでなく、鼻から挿入する経鼻検査も受けられます。鼻から挿入する経鼻検査は「オエッとする嘔吐感」がほとんどなく、とても楽に検査を受けられます。また、鎮静剤を使用してウトウトしている間の内視鏡検査も行っていますので、安心して検査を受けていただけます。

ただし、高齢であるなど内視鏡検査ができない際には、逆流性食道炎の薬物療法を2週間ほど行い、様子を見ながら治療する場合もあります。

薬物療法

胃酸の分泌を抑える薬、食道粘膜保護のための薬、胃酸を中和する薬などから患者様の状態や症状に合ったものを選択して処方しています。

胃酸分泌抑制薬

PPI

治療だけでなく再発防止にも用いられます。胃酸を分泌するプロトンポンプの働きを抑える作用を持っています。

H2ブロッカー

有効成分の含有量や効果が市販薬とは異なります。そのためより的確に胃酸の分泌を抑えることができます。

消化管運動機能改善剤

ガスモチンやナウゼリンなどがあり、消化管機能と蠕動運動を改善させ、食物の消化を助け、胃での滞留時間を短くして、胃液や食物の逆流を起こりにくくします。

制酸薬

胃酸を中和して症状を和らげることで炎症などを軽減します。

粘膜保護薬

食道の粘膜を保護し、炎症の改善を促します。

※制酸薬と粘膜保護薬は効果持続時間が短く、他の薬剤と併用することでその効果をうまく発揮できます。

生活習慣改善

症状の改善や再発防止に生活習慣の改善は欠かせません。軽度の逆流性食道炎であれば、食生活、肥満解消、腹圧への注意などだけで症状を緩和させることが可能です。

食生活
  • 脂肪やタンパク質を摂りすぎないように心がけましょう。
    食べ過ぎを避けましょう。
  • 胃酸分泌を促す食品をできるだけ控えましょう。
    唐辛子などの香辛料、コーヒー・紅茶・緑茶などのカフェイン、強い酸味があるもの、甘いもの、消化の悪いものをとりすぎないようにしてください。
  • 喫煙や飲酒をできるだけ避けましょう
    タバコやアルコールは逆流性食道炎を悪化させます。またアルコールは筋肉を緩めてしまうため、食道下部括約筋の働きも低下し、逆流を起こしやすくします。
睡眠

食後2時間以上経過してから就寝しましょう。なお、上半身を少し高くして眠ると逆流を起こしにくいとされています。

腹圧

腹圧が上がると胃が圧迫されて逆流が起こりやすくなります。適度な運動の習慣化による肥満を解消し、締め付ける服装を避け、重い物を持ち上げることはできるだけ控え、猫背や前屈みにならず正しい姿勢を心がけてください。