過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS)とは

過敏性腸症候群(IBS)とは緊張などのストレスによってお腹が痛くなって下痢や便秘が起こる疾患で、治療することができる病気です。過敏性腸症候群は急な下痢というイメージを持っている方が多いのですが、実は便秘も含まれますし、便秘と下痢を繰り返すケースもあります。便秘や下痢といった便通の異常や腹痛といった症状が続いているのにもかかわらず、検査を行っても異常が見付からない場合、過敏性腸症候群の可能性が高いといえます。
生命に関わることはありませんが、生活の質を著しく下げますし、お仕事や学業にも支障がでてきてしまうため、的確な診断と治療が重要な疾患です。下痢や便秘は普段起こりやすい症状であるため、市販薬などを服用している方が多いのですが、過敏性腸症候群では逆にこうしたことで悪化してしまうケースが珍しくありません。

こんな症状があったら受診をおすすめします

  • 腹痛や腹部不快感といった症状が繰り返し起こる(過去3ヶ月で1ヶ月に3日以上)
  • 排便によってこうした症状は改善する
  • 症状が出ている時に排便頻度は通常とは変化する
  • 症状が出ている際に便の形状が通常とは異なる

過敏性腸症候群の症状

腹痛に下痢や便秘などの便通異常がともなう状態が長期間継続し、ほとんどの場合、排便することで腹痛は一時的におさまります。睡眠中に症状が起こることはないということが大きな特徴になっています。
下痢型、便秘型、下痢と便秘を交互に繰り返す抗体型があり、他に腹部の膨満感、無意識にガスがでてしまうといった症状が出るケースもあります。

過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群の原因内因性として腸内細菌や摂取した食物、ストレスなど、外因性として粘膜の炎症や遺伝などが指摘されています。腸内細菌など内因性のきっかけから自律神経が乱れ、それにより腸の蠕動運動に障害が起こることによって発症するという研究結果が発表されており、こうした便通異常が繰り返し起こることで刺激に対して腸が過敏になっているとされていますが、はっきりとした原因はまだわかっていません。

腸の蠕動運動は自律神経によってコントロールされており、自律神経は緊張や不安、過労、睡眠不足、不規則な生活などのストレスによって大きく影響されます。そして腸の蠕動運動が活発になり過ぎると下痢を起こし、鈍くなると便秘を引き起こします。

過敏性腸症候群の検査

過敏性腸症候群の検査潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性疾患、腸のポリープ・がん・憩室(けいしつ)でも同じような症状が起こります。そのため、こうした疾患がないことを内視鏡検査で確認して、はじめて過敏性腸症候群と診断されます。当院では苦しくない、つらくない大腸内視鏡検査を行っています。ご不安がある場合にもお気軽にご相談ください。

過敏性腸症候群の治療方法

下痢型、便秘型、混合型のタイプ、症状の強さ、患者様のライフスタイルやお考えなどにきめ細かく合わせた薬物療法や漢方治療、生活習慣改善のアドバイスなどを行っています。

薬物療法

腸内細菌叢(さいきんそう)を整える薬、腸管の動きや便の硬さを調整する薬、さらに症状が出る前の予兆を感じたら服用することでつらい症状を和らげる薬剤などもあります。また、腸の過敏性を改善する薬、ストレスによる気持ちの落ち込みや不安を抑える薬が効果的な場合もあります。患者様の状態に合わせてじっくりご相談しながら決めていきます。

漢方治療

当院では漢方薬を併用する治療も行っています。桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)は便秘の方に向いており、自然に近いお通じを促進する効果が期待できます。桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)は膨満感がある方に向いています。

生活習慣改善

生活習慣改善下痢型、混合型、便秘型がありますが、たっぷりした水分補給はどのタイプでも重要です。ただし冷たい物は刺激になる可能性がありますので、避けてください。

十分な睡眠、規則正しい生活、バランスが良く食物繊維豊富な食事、そしてできるだけストレスを解消することが過敏性腸症候群の治療には効果的です。また身体をしっかり目覚めさせるためには朝日をきちんと浴びることも重要です。そして眠る前には必ずリラックスできる時間を持ってください。

3食を決まった時間にとることは腸の蠕動運動を整えることにも役立ちます。また食物繊維は下痢型や混合型の過敏性腸症候群にも効果的です。海藻やキノコ、こんにゃく、根菜などを必ず毎食とるようにしてください。

腸内細菌のバランスを整えるためには乳酸菌も有効です。逆に喫煙や飲酒、強い香辛料、過度な脂肪は症状を悪化させる可能性が高いのでできるだけ避けてください。