みぞおちが痛い原因・病気・注意点

みぞおちの痛みについて

みぞおちに痛みが出ると、胃に原因があるのではないかと多くの方が考えます。その考えはあながち間違いではなく、みぞおちが痛む原因の多くは胃腸の不調です。しかし胆嚢(たんのう)やすい臓、心臓など、放置しておくと危険な場所が原因で痛みが出ることもあるため、どんな痛み方なのか、他にどのような症状が出ているのかをしっかりチェックしておくことが重要です。

普段の生活から考えられる、みぞおち痛の原因

食べ物や飲み物による胃への負担

胃酸の分泌を促すアルコールやタバコ、果汁や炭酸飲料の過剰摂取や、にんにくや唐辛子、香辛料など刺激の強い食べ物を食べることで、胃や十二指腸の粘膜が傷つき、みぞおちの痛みを引き起こします。また食べ過ぎや飲み過ぎによる胃への負担も、みぞおち痛を引き起こす原因の一つです。

身体的、精神的なストレスによる自律神経の乱れ

暑い夏、外からエアコンの効いた室内に入ると、とても気持ちがよいでしょう。同じように冬も、寒い外から暖かい室内に入るとほっとします。しかし身体は、激しい温度差に負担を感じているのです。このような身体的なストレスと、仕事や人間関係の悩み、周囲の期待によるプレッシャーなど精神的なストレスは、自律神経のバランスを乱し、胃酸を過剰に分泌させます。この胃酸が胃や十二指腸の粘膜を刺激することで、みぞおち周辺の痛みにつながるのです。

食べ物や飲み物によるもの

海外旅行で腹痛を起こす原因に「水」があります。井戸水など衛生面に問題がある場合はもちろんですが、硬水が体質に合わない日本人が多いからです。これは日本で慣れ親しまれている軟水に対して、硬水はマグネシウムやカルシウムが多く含まれているため、胃腸への負担が大きくなるためです。また食あたりや食中毒なども激しい胃の痛みや下痢を引き起こします。

みぞおち痛を生じさせる病気

胃腸の病気で考えられるものは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胸やけを感じる逆流性食道炎があげられます。また重症化すると生命に関わる急性膵炎は、胃の背中側にあるすい臓に急激な炎症が起こることで、激しい痛みを生じさせます。他に一般的に盲腸と呼ばれている虫垂炎も、初期症状としてみぞおちの痛みがあります。また高齢者がかかると危険な肺炎や、発病後の死亡率が高い心筋梗塞なども、みぞおちの痛みを伴う場合があるため、注意が必要です。

みぞおち痛が生じる主な病気

急性胃炎

胃粘膜の炎症を原因とする、日常生活の中でも比較的起こりやすい疾患です。胃粘膜が延焼する原因は、暴飲暴食、ストレスやウイルスによるもの、ピロリ菌などの細菌感染やアレルギーなど多岐にわたります。一般的に突然起こるキリキリとしたみぞおちの痛みとともに、吐き気や下痢に襲われますが、2~3日安静にしていると治癒します。しかし重篤な場合は吐血や下血を起こす可能性もあり、特に免疫力が低い幼児や高齢者が発症した場合には注意が必要です。

神経性胃炎

食事中や食後にズキズキした鈍い痛みをみぞおちに感じる場合は、胃潰瘍かもしれません。
胃潰瘍はストレスや暴飲暴食の他、ピロリ菌の感染により胃粘膜が弱り、自らの胃酸で胃壁を傷つけてしまうことが原因で起こります。またロキソニンなどで有名な解熱鎮痛剤も、胃粘膜の働きを乱し、胃潰瘍の原因を作ると言われています。胃に入った食べ物が潰瘍を刺激するため、胸やけやゲップ、胃もたれといった症状を伴います。

十二指腸潰瘍

空腹時や早朝に痛みを感じる場合は、十二指腸潰瘍の可能性があります。胃潰瘍と同じく、ストレスやピロリ菌、解熱鎮痛剤により、胃粘膜の働きが悪くなることで、胃酸が胃壁を傷つけてしまうことが原因です。

食中毒

食中毒はウイルスや細菌、有毒な物質が付着した食べ物を食べることにより起こります。症状はみぞおち周辺の痛みや嘔吐、下痢、発熱などです。食べた原因物質により発病までの時間はさまざまですが、急激に症状が現れ、ときには命を脅かします。代表的な食中毒の原因菌は、鶏や卵に生息しているサルモネラ菌、魚介類に生息している腸炎ビブリオ菌、生肉に生息しているカンピロバクターなどで、熱に弱いためきちんと加熱することで感染を防止できます。しかし人の皮膚や鼻の中に生息している黄色ブドウ球菌は熱に強いため、注意が必要です。またフグやジャガイモの芽、一部のきのこ類は食品自体に有害な毒素を含んでいます。

胆石症

胆石症は、結石が詰まることで胆のうがけいれんし、激しい痛みを生じさせます。みぞおちに痛みを感じる場合が大半ですが、右肩に響くような痛みを感じる場合もあります。痛みが強いため、人によっては吐き気や嘔吐がみられ、ショック症状により血流の低下をまねくこともあるため注意が必要です。また結石が起こる場所によっては、胆汁の流れを滞らせ、黄疸や尿の色が濃くなる症状も見受けられます。最も多い結石は、胆汁内でコレステロールが溶けきれずに固まってしまうコレステロール結石で、主に高脂肪食が原因です。このため肥満の方は胆石症が起こりやすいと言われています。他に40代以降の方や脂質代謝に異常がある方も発症のリスクが高いと言われています。

膵炎

胃の裏側にある膵臓が炎症を起こす急性膵炎は、みぞおち周辺に激しい痛みが生じます。この痛みは腹部から背中にまで広がり、立っていることができないほどの刺すような痛みを感じます。原因の多くは男性がアルコール、女性は胆石によるものです。深く息を吸い込んだり身体を動かすと痛みが悪化しますが、身体を曲げたり背筋を伸ばして座ることで痛みを軽減できます。

心筋梗塞

突然胸部やみぞおちに激痛が走り、吐き気や冷や汗といった症状がみられる場合、心筋梗塞の疑いがあります。心筋梗塞は心臓に血液を供給している冠動脈に血栓ができ、血流をせき止めることで、心筋の一部が壊死してしまう疾患です。年々患者数が増えており、死亡率も高いため、動脈硬化や高血圧、糖尿病、肥満や運動不足、喫煙などの生活習慣を見直し、心筋梗塞につながるリスクを下げることが重要です。

普段の生活で気を付けておきたいこと

バランスのよい食事と規則正しい生活を送る

胃腸に負担をかける暴飲暴食や寝る前の食事を控え、バランスのとれた食事を心がけましょう。朝食を抜くと食事までの間隔が長くなり、胃腸に負担がかかりますので3食きちんと食べることも大切です。また腹八分目を意識し、夜ご飯の脂質を控えてあげることで、胃腸の負担を軽減できます。お酒は適量に留め、飲み過ぎないように注意しましょう。

食べ物の管理に気を付ける

食べ物はある一定の温度を超えると、菌が繁殖しやすくなります。ですから生ものは必ず冷蔵庫で保管し、鮮度を保つことが大切です。調理の際に菌が付着する可能性を考え、まな板や包丁など、調理器具にも気を配りましょう。また海外旅行に出かける際は、現地の水を避け、ペットボトル飲料を飲むように心がけましょう。

ピロリ菌に感染しているか調べる

病院で検査を依頼すると、血液中の抗体を調べたり内視鏡検査で、ピロリ菌に感染しているかを調べることが可能です。感染が確認された場合は、内服薬で除去できます。ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍、そして胃がんの原因でもあるため、除去することでさまざまな病気の予防につながります。

痛みがあるときは病院に

みぞおちやその周辺の痛みが長引いているとき、また痛みが辛い場合は、できる限り早急に診察を受けてください。一般的にみぞおちが痛む場合は、内科や消化器科、胃腸科を受診し、発熱や激しい腹痛を伴う場合は、呼吸器科や循環器科を受診するとよいでしょう。また精神的なストレスを抱えている場合は、心療内科を受診することも考えましょう。みぞおち痛には胃や腸だけでなく、他の場所の疾患が隠れている場合もあります。また命に関わる重い疾患の可能性もありますので、自己判断は禁物です。