潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎とは炎症が大腸の表層である粘膜から粘膜下層までに起こるびまん性炎症性疾患で、炎症は肛門から口の方に向かって広がりながら進行していきます。「びまん」は炎症が局所ではなく、広範囲に起こることを指します。直腸炎型、左側大腸炎型、全大腸炎型などに分けられますが、全大腸炎型まで進行してしまうと炎症が広範囲にわたるため改善が難しくなってしまいます。そのため、できるだけ早く、的確な診断と治療を受ける必要があります。
性別や年齢に偏りなく発症し、発症のピークは20代にあります。日本ではまれな病気だったのですが、近年になって増加してきています。
そして、潰瘍性大腸炎は治療によりいったん改善してもぶり返すことが多く、長期間にわたる厳密なコントロールが不可欠です。しっかりコントロールできれば、ほとんどの場合は健康な方の生命予後と同等だとされています。
こうしたことから潰瘍性大腸炎は厚生労働省の特定疾患に指定されており、助成の対象になっていますが、その際には、指定医療機関で難病指定医による治療を受ける必要があります。当院は指定医療機関であり、難病指定医による診療を行っておりますのでご相談ください。

潰瘍性大腸炎の症状

下痢、血便、発熱があったら潰瘍性大腸炎を疑う必要があります。
早期の症状は下腹部の違和感からはじまり、下痢を繰り返す、便に血が混じるといった症状が現れます。
さらに進行すると、便に血だけでなく粘液や膿が混じりはじめ、発熱や腹痛、体重の減少、貧血などの症状が現れます。消化器では膵臓、それ以外では関節、皮膚、目、心筋などにも症状が現れるケースもあります。
潰瘍性大腸炎の大きな特徴として、こうした症状が現れる活動期と、症状が治まっている寛解期が繰り返すことがあります。症状が治まった時に治療をやめてしまうと次の活動期で大きく進行してしまう可能性がありますので、必ず治療を続けてください。

潰瘍性大腸炎の原因

潰瘍性大腸炎の原因はっきりした原因はまだわかっていません。自己免疫疾患であり白血球が大腸粘膜を攻撃しているとされており、遺伝的な要因や食生活など生活習慣、腸内細菌やストレスなどの影響も関わっているという指摘もあります。

潰瘍性大腸炎の検査と治療方法

潰瘍性大腸炎の検査と治療方法下痢と血便、発熱などがある場合には、感染症ではないことを確認して内視鏡検査を行います。内視鏡検査では潰瘍性大腸炎の特徴的な病変がないかを確認し、病変の組織採取を行います。この採取した組織の病理検査を行って確定診断となります。出血や下痢などの症状が強い場合には、脱水や貧血、栄養障害の治療のために入院が必要になる場合もあります。

内視鏡による観察

早期の潰瘍性大腸炎では、粘膜が全体的に腫れてザラッとしており、粘膜の下にある血管が見えにくくなっています。軽く触れても出血し、膿などが確認できる場合もあります。
炎症が強くなっている時期では、多数のびらんや潰瘍が発生しています。潰瘍は粘膜下組織だけにとどまらず、その下の筋層まで進行してしまっている場合もあります。
活動期と寛解期を繰り返している場合、寛解期には炎症性ポリープや粘膜の萎縮などが確認され、さらにそれが進行すると腸粘膜の萎縮や大腸の短縮によって大腸のひだがなくなってしまいます。
炎症を長期間繰り返すと大腸炎由来の大腸がんが発生する可能性もあるため、潰瘍性大腸炎では定期的な内視鏡検査が重要になってきます。

治療

薬物療法や生活習慣の改善といった保存的療法や外科手術などがあります。
潰瘍性大腸炎自体を完治させる治療法はまだ見つかっていませんが、腸の炎症を抑える効果の高い薬剤があるため、それを使って症状をコントロールしていく治療法が主流です。症状が消えた寛解期にもそれを維持するために治療を続け、再び活動期が起こる再燃をできるだけ抑えていきます。

 薬物療法

炎症を抑えて再燃予防効果も期待できる5-ASA製薬が中心ですが、重い症状がある場合には炎症を抑える効果の高い副腎皮質ステロイド薬を用いる場合もあります。また、免疫に働きかけて炎症を抑える薬剤などもあります。

5-ASA製薬

メサラジン(リアルダ・アサコール・ペンタサ)は副作用を軽減できるため、炎症の抑制や再燃予防の継続投与に用いられます。また、メサラジンの継続投与には大腸がんリスクを軽減する効果があることが報告されています。

副腎皮質ステロイド薬

重い症状がある場合にのみ使われます。

抗TNFα受容体拮抗薬

免疫を調整して炎症反応を抑えます。

免疫調節薬・免疫抑制薬

入院が必要な治療薬です。重い症状があって副腎皮質ステロイド薬が使えない、あるいは無効なケース、また副腎皮質ステロイド薬使用によって悪化を招く恐れがある場合に用いる治療法です。

血球成分除去療法

活動期に行う治療法のひとつで、血液中から異常に活性化した白血球を除去します。

なお、免疫調節薬・免疫抑制薬による治療や血球成分除去療法は当院では行っておりませんので、必要とされる場合には信頼できる提携病院をご紹介しています。

外科手術

薬物などによる内科的な治療でほとんどの場合、寛解を維持することが可能ですからあまり頻度は高くありませんが、症状が重い場合には外科手術を検討する場合もあります。たとえば、大量の出血、大腸に穴が開く穿孔、がんなどを合併している疑いがあるなどのケースです。できるだけ手術後の肛門機能の温存させることなどを考えると、手術には高度な医療技術や機器が必要とされるため、信頼できる提携病院をご紹介しています。