いぼ痔

痔核(いぼ痔)

痔核(いぼ痔)いぼ痔には、肛門の内側にある粘膜にできる内痔核と、外側にある皮膚にできる外痔核があります。
どちらも静脈叢の流れが悪化してできますが、症状や治療方法などが違うため、それぞれ別にご説明いたします。

内痔核

内痔核肛門付近にある静脈叢を支持している組織が弛緩することで静脈の流れが悪化し、うっ血して痔核が形成され、それが増大していく状態です。排便時などのいきみによって脱出するなども起こります。

内痔核の症状

早期には残便感や出血、排便時などの違和感がありますが、痛みはほとんど起こりません。進行して痔核が増大してくると排便時に脱出を起こします。脱出した内痔核は自然に中に戻りますが、進行すると指などで押し込まないと戻らなくなっていきます。
そのまま放置していると排便時だけでなく重い物を持ったり、身体を動かした時に脱出が起こるようになり、出血することも増えていきます。
切れ痔(随伴裂肛)や血栓を形成することもあり、そこから感染を起こして炎症による痛みが生じます。押し込んでも戻らなくなってくると血液の循環障害が起こり、痔核表面が壊死して強い痛みが生じます。

内痔核の病期

1度:肛門管内に痔核があるが脱出を起こしていないもの
2度:排便時に肛門外に痔核が脱出し、排便後、自然に肛門内に戻るもの
3度:排便時に痔核が脱出して自然には戻らず、指などで押し込む必要があるもの
4度:常に肛門外に痔核が脱出しているもの

内痔核の治療

排便後、自然に戻る2度までの段階では、軟膏や坐薬などによる保存的治療法が有効です。あわせて生活習慣の改善を行うことも重要です。
指で押し込まないと痔核が戻らない状態になったら手術が必要です。結紮切除術の他、硬化療法やゴム輪結紮療法などがあり、状態やご希望によって最善の方法をご提案しています。
※手術の場合は、提携病院に紹介させていただいております。

外痔核

外痔核静脈叢に血液がうっ帯し、肛門の皮膚部分に血栓が形成されて腫れている状態です。デスクワークや立ち仕事など同じ姿勢を長時間続ける、準備運動をせずに急に運動を行う、重いものを持つ、ストレスなどにより起こるとされています。

外痔核の症状

肛門の触れる部分にできるため、発見しやすい痔です。しこり状の外痔核ができることで違和感や痛みが生じます。

外痔核の治療

内痔核がともなわない場合には、薬物療法が有効です。ただし、外痔核は痛覚のある皮膚部分にできるため痛みが強いケースもあります。そのため、痛みや腫れが強い場合には血栓を取り除く処置が必要になります。